新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【オンラインキックオフvol.1】さらなるDX化を推進!グループ450名規模で初のオンラインキックオフを開催しました。

2020年7月8日、マーケットエンタープライズグループ(以下、MEグループ)はオンラインキックオフを開催しました。これまでも半年に一度、全国の拠点で勤務する全社員(事業運営のため一部の社員のみオンラインにて参加)を一同に集め、期のはじめを迎えていました。

▼コロナウイルス流行前に開催された前期キックオフの様子

(こちらはドローンで撮影しました!)

しかしながら今年は新型コロナウイルスの影響もあり、オンラインで開催することを決定。本体含む5社、国内16拠点・海外1拠点、450名体制となったMEグループとしては初のオンライン開催ということもあり、従来とは違った企画や進行方針など、キックオフ運営チームが様々な工夫をこらしながら準備をすすめていきました。
そんな第15期キックオフ当日の様子をご紹介します。

運営チームが中心となり、国内16拠点海外1拠点を繋ぐ

15期キックオフは初めてのオンラインでの開催となりましたが、運営チームの入念な準備の甲斐もあり、円滑に進行されました。

今回は6月より社内導入したWorkplaceを全面的に活用し、「運営チーム→社員」「社員→運営チーム」といったインタラクティブなコミュニケーションが発生するきっかけとなり、キックオフを盛り上げるツールのひとつとしてとても効果的でした。

Workplaceを通じて当日のしおりを全社員に共有することや、キックオフまでのカウントダウン、当日使用するZoomのURL等を発信することで、拠点数、社員数が拡大するMEグループにおいても全体への周知がスムーズに行われました。

▼しおり

画像1

▼当日までのカウントダウン画像

workplace写真

前期の振り返り「”激動の14期”は、意思決定の連続」

MEグループのキックオフは細部までこだわっています!
まずはキックオフの開始を告げるオープニングムービーでスタートです。

▼オープニングムービー自体は掲載できないのですが、画像で雰囲気をお伝えします!

オープニング1


初めに14期の振り返りを行いました。14期では「withコロナ」や「デジタルシフト」などさまざまな変化に直面した中で、複数の事業譲受やグループ会社設立など大きなアクションを起こした一年でした。

◆14期の主なアクション
・格安SIM比較サイト「SIMチェンジ」の事業譲受
・全国の修理業者の情報提供プラットフォーム「最安修理ドットコム」の事業譲受
・米スノーモービル世界大手POLARISとの業務提携
・三菱UFJ信託銀行エクセレントクラブとの業務提携
・株式会社MEトレーディング設立
株式会社UMM設立
MARKETENTERPRISE VIETNAM CO., LTD設立(ベトナム ホーチミン)
楽器寄附ふるさと納税 いなべ市と連携し事業構築
コロナウイルス(COVID-19)対策
・モチベーションサーベイで過去最高のエンゲージメントスコア「70.4(AAA)」獲得
・徳島コンタクトセンターが「モチベーションチームアワード2020」を受賞


▼モチベーションサーベイ(リンクアンドモチベーション社)で過去最高の「70.4(AAA)」を獲得!

画像3

エンゲージメントスコアが70を超える組織の出現率は3パーセント以内と言われており、当社のように企業規模が拡大するフェーズでスコアが上昇し続ける組織は非常に希少であるとのことでした(リンクアンドモチベーションご担当者様談)。

1年で最も活躍した社員へ贈られるAWARDの表彰式

毎年、各分野において最も活躍した社員を表彰するMEグループ恒例のAWARD表彰式。全社員の投票により受賞者が決定するため、AWARDの表彰式は毎年のキックオフで人気のコンテンツのひとつです。


まずは、この1年で最も主体的に活躍した新卒社員(2019年4月入社)を表彰する「Rookie of the Year」の発表です。ノミネートは6名!

Rookie of the year候補者

受賞はメディアチームの女性社員!

Rookie of the year受賞者 ぼかしあり

成長著しいメディア事業領域で、新卒1年目でありながらも事業上での大きなインパクトを残しました。

続いて、仲間や会社を最も支え続けた社員に贈られる「Supporter of the Year」の発表へと移ります。ノミネートは5名です。

support of the year候補者

受賞は人事労務ユニットの女性社員でした!

support of the year受賞者 ぼかしあり

グループ全体から最も「ありがとう」の声を集めた結果となります。

そしてMVPともいえる、MEグループ全社員の中からこの1年で最も成果を残し、活躍したメンバーが決定する「Best of ME」の発表です。今年は5名がノミネートされました!

Best of ME候補者

「Best of ME」は上位3名が表彰されますが、今年のグランプリは新規CS準備室の女性社員!女性としては初のグランプリ獲得となりました!

Best of ME受賞者1 (2)

「Best of ME」の受賞者3名には、今年は賞金以外に副賞として当社グループがオフショア開発拠点としてMarketEnterprise Vietnam Co,Ltdを開設したベトナムへのビジネストリップが用意されていることが発表されました。コロナウイルスが落ち着いた時期に受賞者3名が招待されます。

そして今年のAWARDではMEグループ史上はじめて主要3部門の受賞者が全員女性という結果になりました。

ここからは特別賞の発表となります。
まずは最も優れたチームに贈られる「Team of the Year」の発表です。

team of the year結合

今年はメディアチームと東京コンタクトセンターの2チームが受賞!
いずれもモチベーションサーベイで高スコアを出しているチームです。MEグループではさまざまな指標を活用し、チームのパフォーマンスを評価しています。

そして最後に、特別枠の「社長賞」は今回2名が選出されました。

社長賞結合

メディアチームと情報システムユニットからそれぞれ1名が選出されました。なんとどちらの社員も2019年3月1日に入社(同日入社!)した社歴1年半の中途社員です!
事業部門だけではなく、情報システム部門から受賞者が出ていることもMEグループらしいところですね。

「Rookie of the Year」「Supporter of the Year」「Best of ME」は事前投票によりノミネートされた社員が1分間でスピーチを行い、Workplace上で投票を行いそれぞれ1名が決定。

Zoom上でのスピーチとなりましたが、例年社員を目の前にして行っていたスピーチと変わらず、スピーチ中にこの一年間を思い出し涙する受賞者やスピーチを聞いて涙を流す社員もいました。


▼AWARD受賞者

award受賞者まとめ

Workplace上では、受賞した社員へのお祝いコメントが続々と書き込まれました。
例年のようなリアルな受賞の場では一度にこんなにも多くのお祝いの言葉を掛けることができなかったため、良いコミュニケーションツールとなりました。

▼Workplace上に投稿されたコメントの数々

コメント結合

グランプリを受賞した社員に対するお祝いのコメントは123件も!

【オンラインキックオフvol.1】では、前期の振り返りとAWARD受賞者の紹介を行いました。続いては15期のテーマ発表とアクションプランを【オンラインキックオフvol.2】でご紹介します!是非ご覧ください!


Twitter/Facebookでも公開中!
33
私たちはネット型リユース事業を中核とし、メディア事業、プラットフォーム事業、モバイル通信事業など「最適化商社(=賢い消費を望む消費者に様々な選択肢を提供できる会社)」を目指して事業の多角化を推進し、グループ経営体制(現在5社)へのシフトを本格化しています。東証マザーズ上場企業。

こちらでもピックアップされています

マーケットエンタープライズとは?
マーケットエンタープライズとは?
  • 6本

マーケットエンタープライズの中身に迫る! 人、働く環境、事業内容、社会貢献活動などについてまとめました。