新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「14拠点180人が参加したオンライン会議」など14のコロナ対策

<2020年5月22日更新>
マーケットエンタープライズグループでは新型コロナウイルス(COVID-19)の国内感染拡大に伴い、2月下旬より、これまでの経営の前提となっていた多くのものごとを見直し、様々な取り組みを行ってきました。

当社の取り組みの根底にあることは、
・従業員およびその家族の健康、安全を第一に考えること
・「アフターコロナ」「withコロナ」を見据え、「Digital Shift」を加速させること
・変化をチャンスと捉え、制約ある状況下においてもステークホルダーに対する提供価値を最大化させること
と考えています。

おかげさまでこのような社会情勢下においても従業員の健康面、安全面を最大限に顧慮しながらも、私たちの提供するサービスは多くのお客様からご支持をいただいています。

<マーケットエンタープライズについて>
従業員数:約420名
拠点:海外含む17拠点
グループ会社:5社

オンラインによるコミュニケーション施策の強化

全社メールでのトップメッセージ配信
2020年3月31日、代表取締役の小林から全社員に向けてトップメッセージを配信。WHOによりパンデミック指定され、経済状況を懸念するニュースも流れる中で配信したメッセージとなりました。当社の現状、未来、社会情勢が不安定な中働いているメンバーへの”ありがとう”の言葉。

このような社会情勢においても健全な財務体質が保てていることを代表自らが全社に向けて発信することで、社員は安心することができ、「アフターコロナ」「withコロナ」へ向けてグループが一丸となって歩みを進める良い機会となりました。

Zoomを利用した全員参加の全社朝礼
2020年4月13日には、当社初の試みとして全国各14拠点をZoomで繋ぎ、オンラインでの全社朝礼を開催。新型コロナウイルスの影響で不安が広がる中、約180名の社員が参加する全社朝礼を実施することで、事業を共創しているという意識を持ち、士気を高め合う時間を共有しました。

画像1

Zoomを利用した全員参加の役職者会議
2020年4月16日、オンラインで役職者会議を開催。例年は半期に一度、役職者のみを中心に行う役職者会議ですが、今回は新入社員を含む全社員を参加対象としました。役員や事業責任者による現状の報告や新入社員による自己紹介など、止まることなく変化の最前線にいる現状を再度共有する時間になりました。

オンライン懇親会の推奨(一人あたり2000円を会社が補助)
テレワークへの移行により、オフィスで顔を合わさないからこそ、コミュニケーションの密度を濃くすることが大切。そこで2020年4月よりオンライン懇親会の費用を一人2000円補助し、チーム内での視座を合わせることを推奨しています。

画像2

オフィシャルZoom壁紙の作成
4月22日、当社デザイナーが自社専用のZoom背景を制作。Google drive上で共有することで社員全員がアクセスおよびダウンロード可能にし、オンライン会議やオンライン飲み会の場で活用できるようにしました。

オンライン専用壁紙紹介 (2)

オンライン専用壁紙紹介 (3)

壁紙 (3)

社内SNS
グループ経営に向けた情報共有速度の加速化、深度強化を目的として、全部署参加型の社内SNS(Workplace from Facebook)の導入を進めています。
事業の多角化、社員数の増加、拠点の拡大を背景に、全社員が最新情報へのアクセスをよりスムーズに確保するための取り組みとなります。

画像3

「おいくら」「最安修理ドットコム」の加盟店向けに、ウェビナーを開催
全国の売り手と買い手をつなぐマッチングプラットフォーム「おいくら」、日本最大級の修理業者情報プラットフォーム「最安修理ドットコム」を合わせて1300を超える加盟店の皆様に向けて、少しでも役に立つ情報を提供できればとの意向で、リユース業界初のウェビナーでの開催を実施しました。業界紙の記者の方も参加する流れとなりましたが、参加者の満足度も高かったようです。

ウェビナー

社内報の電子化
当社では毎月、社内報「MEWS!」を冊子で発行し、全社員へ配布しています。冊子で発行することは当社の社員だけでなく社員のご家族にも当社のことを知ってほしいという願いがあるからです。しかしリモートワークの推奨により直接配布することが叶わないため、3月よりデジタル化を進めました。在宅勤務でも社内の情報を知ることができるようになり、またデジタル化を進めたことにより社員からは「いつでもアクセスできるデジタル版を継続してほしい」という新たな声が上がっています。

MEWS!電子版

社員研修のオンライン化

新入社員研修を全てオンライン化
4月1日の入社日には新入社員22人にノートPCを貸与し、自宅での通信環境が整っていないメンバーにはグループ会社のMEモバイルが提供しているWiMAXモバイルルーター「カシモWiMAX」を無償提供。例年行っていた集合研修による3密を避けるため、約2ヶ月続く新入社員研修はOJT(On-the Job Training)を含む全てをオンラインで実施しています。

グロービス学び放題/Biz Campus Online(受講費用会社負担)
これまでオンライン研修の一環として利用していたBiz Campus Onlineに加え、ビジネススキルを学ぶことができるグロービズ学び放題(通称:グロ放題)を2020年4月中旬より全社オンライン研修のひとつとしてアップデート。
新入社員を含む全社員を対象に希望者を募り、その受講費を半年間、会社が全額負担。「おうち時間」を有意義に過ごすことができる環境を整備しました。

画像4

リモートワークへの積極移行

リモート比率65%
本社機能、開発部門、マーケティング部門、メディア事業部門はもちろん、お客様の買取窓口であるコンタクトセンター(東京拠点)を含む営業部署等、全体の約65%が2020年2月下旬より在宅勤務をしています。実際にモノの流通を担うビジネスを中心としながらも、現状では全体のリモート比率を75%まで上昇させることが見込める体制を構築しています。

その他にもお客様と対面でのやり取りが生じるリユースセンター(全国10拠点)では営業時間を短縮し、且つ出張買取時の買取については原則お客様の玄関先で対応できる品物のみに限定するといった一時的な規則を設けた上で、業務を進めています。

全社員および一定の条件を満たしたアルバイト/パートスタッフを対象に一時金を支給
5月下旬に契約社員を含む全社員を対象に一時金として15,000円を支給することを決定しました。一定の条件を満たしたアルバイト/パートスタッフについても5,000円を支給します。新型コロナウイルスの状況下における健康維持対策や自宅でのオンライン環境整備等の一助にしてもらうことを目的としています。

採用選考のオンライン化

Zoomを利用した会社説明会、採用面接の実施
このような社会情勢下にあっても、業績が好調に推移していることを背景に、当社ではオンラインを活用した採用選考を新卒、中途問わず進めています。
最終面接を含む面接は全てオンラインへの移行が完了しており、すでにオンライン面接のみで内定に至った候補者の方も多数いらっしゃいます。

従業員の健康面に対する環境整備

オンライン健康相談(first call)
万が一、コロナウイルス感染の疑いや外出自粛による身体面や精神面での不安を感じたときに、24時間365日、無料でオンライン上で産業医に相談ができる「first call」を全社員に提供。
既存の福利厚生として使用しているものでしたが、2020年3月下旬に改めて全社員に向けてアナウンスを強化し、「心と身体のケア」を優先するよう呼びかけています。

画像5

事業面でのお客様に対する価値創造

リユース事業領域
「最適化商社(=賢い消費を望む消費者に様々な選択肢を提供できる会社)」として、お客様にとって価値ある商品を、価値ある価格帯でご提供させていただいています。
買取面においても、全国の売り手と買い手をつなぐマッチングプラットフォーム「おいくら」との事業連携も強化しながら、お客様のニーズに合わせた最適な買取を提案しています。
消費不況の世の中を見据え、販売・買取両面でお客様に価値を提供していきます。

メディア事業領域
不要不急の外出自粛が要請される中で、自宅で時間をお過ごしの方が増えています。
当社のメディア事業では多くの方々がご自宅にいながらもインターネットを通じて様々な有益な情報を得られるよう、コンテンツの配信を強化しています。

通信事業領域
新型コロナウイルスの影響によるリモートワーク需要が増える中、すでにリモートワークを実施中の企業様、あるいはこれからリモートワークを検討される企業様向けに、業界最安級のWiMAXサービスを提供しているグループ会社のMEモバイルではWi-Fi環境のご相談窓口を開設しました。安価に迅速に導入サポートをさせていただいております。
▼リモートワークWi-Fi環境ご相談窓口フォーム
https://forms.gle/cYggaMi56Pze6EEz6
▼カシモWiMAX (サービス概要)
https://www.ka-shimo.com/wimax


以上がマーケットエンタープライズグループが新型コロナウイルス(COVID-19)の国内感染拡大に伴い行ってきた取り組みとなります。

先行きが不透明な状況ではありますが、マーケットエンタープライズグループでは今後も社会情勢を鑑みながら、決して下を向くことなく変化を受け入れ、世の中に価値あるサービスを提供し続けていきます。

* * *

* * *







\Thank you/
49
私たちはネット型リユース事業を中核とし、メディア事業、プラットフォーム事業、モバイル通信事業など「最適化商社(=賢い消費を望む消費者に様々な選択肢を提供できる会社)」を目指して事業の多角化を推進し、グループ経営体制(現在5社)へのシフトを本格化しています。東証マザーズ上場企業。

こちらでもピックアップされています

マーケットエンタープライズとは?
マーケットエンタープライズとは?
  • 8本

マーケットエンタープライズの中身に迫る! 人、働く環境、事業内容、社会貢献活動などについてまとめました。